FC2ブログ

中国語・韓国語カウンセリング おすすめ教科書・参考書・教材比較

中国語・韓国語など外国語おすすめ教科書、参考書、教材を比較紹介、カウンセリングするブログです。 他に、大阪や京都など関西圏を中心に、中国語・韓国語を学ぶにあたって有用な情報をお届けします。。

おすすめ中国語・韓国語など言語教材

中国語学習のおすすめ教材はこちら⇒おすすめ中国語教材
韓国語学習のおすすめ教材はこちら⇒現在工事中
その他言語のおすすめ教材はこちら⇒現在工事中
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

しっかり学ぶ韓国語

しっかり学ぶ韓国語 (ベレ出版)



 本書は、「はじめよう韓国語(語研)」の著者が書いたものです。しかも内容も両方初心者向けです。ですが、「はじめよう韓国語」の方が格段に良書だと考えられます。著者が同じなのですから、後に書いた方が良いのは当然ですね。


長所
1.見開きで文法紹介があったあとにすぐ、見開きで問題が出てくるのでチェックがすぐできる。
2.発音の細かいルールがはじめの方で章立て(課立て?)してある。

短所
1.「まず例文を見てみよう」という感じで例文が多く、本編はいきなりハングルなので難しい感あり。
2.最初の発音の細かいルールが多すぎてつまづいてしまう。
3.内容が単調で、活用もイマイチわかるようにならない(「はじめよう韓国語」のような活用表がない)。

おすすめ度 ★★*☆☆ 2.5 (5段階中)


使用用途
・初級の文法項目の練習、確認に。

 やはり本書を買うよりは、「はじめよう韓国語」を買った方がいいでしょう。発音のルールについてきっちり読んでいくのには使えそうですし、問題数が多いので練習にはなると思います。

スポンサーサイト

PageTop

間違いやすい韓国語表現100

間違いやすい韓国語表現100 初級編(白帝社)



 本書はタイトルの通り、間違いやすい韓国語表現について扱った書の初級編です。ですので、「この本を皮切りに韓国語学習をはじめていく」 という学び方はできず(CDもついていない)、初級を何らかの形で始めた際に、あらかじめ間違いを防ぐために、また読み物として表現力を付けるために買い足す本になると思われます。

すごく内容はためになるのでおすすめです。本書だけで初級をカバーできる!とは言いにくいですが、持っていて決して損はないでしょう。

長所
1.韓国語で日本語話者が間違いやすい部分をたくさん指摘してあり、表現力アップにつながる。
2.「基本作文」や「確認問題」という形で練習もでき、買い足す本としては十分である。
3.「韓国語文法事典」とは違った角度で、韓国語を見つめなおすチャンスが与えられる。

短所
1.読み物的な部分があるため、一度見たものをどこにあったか探すのがやや探しにくい。
2.CDはついていないため、やはり本書は補助教材としての位置づけにしかなれない。


おすすめ度 ★★★★☆ 4.0 (5段階中)

使用用途
・初級レベルでの韓国語表現レベルを上げるための補助教材として。
・中級レベルでの表現力の確認のための教材として。

PageTop

はじめよう韓国語

はじめよう韓国語(語研)



 最近刊行されたばかりの本です。CDもついており、入門~初級者向けの良書です。
本書の最大の特徴(と思われるの)は、巻末に動詞や形容詞など用言の活用表がついていることです。私は以前、この本が刊行される前に、用言の活用表がおさめられている本こそ必要だと思い、そういう本がないか探したことがありますが、「韓国語用言 活用と用例(三修社)」に載っているのと(この本は少々活用し辛い部分あり)、本書「はじめよう韓国語」と同じ著者のかなり古い本しか見当たりませんでした。

 いくら文法書の中で活用の仕方が説明されているとはいえ、活用は難しく、やはり本書のように個々の単語について載っていることは大事だと思います。

長所
1.文法事項が初級に必要なだけおさめられている。
2.CDもついており、例文も豊富。
3.個々の用言について、活用表が後ろについている。

短所
1.多少、初級では扱わないであろう文法項目もなぜか入っている。
2.例文がひたすら載っているという印象で、韓国語を学ぼう!と意欲が強い人向け。


おすすめ度 ★★★★* 4.5 (5段階中)

使用用途
・韓国語をはじめる際の入門・初級の教科書として。ただし、最初は易しく楽しくじゃないと続かない!という人には、2冊目にしたほうがいいかもしれない。


本書は、かなり入門・初級書の中では良い本だと思います。ただ、例文がひたすら載っているところに飽きがきやすかったり(韓国語では仕方ない面もありますが)、ややとっつきにくい感じもするので0.5だけ下げましたが、「今年から韓国語をはじめるので、さっそく買いたい」という方には本書が一番おすすめです。

PageTop

漢字で覚える韓国語

漢字で覚える韓国語(河出書房新社)



韓国語は"漢字語"という元々中国からきたことばと、"固有語"という朝鮮独自に作られたことばからできています。その中でも、漢字が元になっている名詞や하다動詞は多く、本書は漢字から韓国語単語を覚えようというコンセプトからできています。

長所
1.多くの漢字語が、漢字・ハングルいっしょに紹介されており語彙力増強によい
2.よく使うフレーズによって、そのフレーズに合った単語が盛り込まれている。
3.発音のしかたや、文法・単語の用い方が簡潔に説明されている。

短所
1.元になっている漢字とハングルが書かれているが、必ずしも漢字と日本語訳は完全に一致しておらず、日本語訳はわざわざ書いていない。
2.ページ数に見合う多さの単語をおさめるべく、難易度が易しいものから難しい(あまり使わないもの)まで含まれており、難易度別がわかりにくい。

おすすめ度 ★★★★☆ 4.0 (5段階中)

使用用途
・韓国語の入門を終えた人が、漢字を元にして単語を覚えるきっかけにしたいときに。
・中級以上の人で、漢字を元にして語彙力を増強したいときに。

本書は、上記のように「漢字→ハングル」というコンセプトの本であり、難易度が混ざって入れられているので少々使いにくい部分もあるが、初級の人にとっても中級の人にとってもためになる内容だと思われます。初級から使えるということで、カテゴリとしては初級に分類しておきます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。