FC2ブログ

中国語・韓国語カウンセリング おすすめ教科書・参考書・教材比較

中国語・韓国語など外国語おすすめ教科書、参考書、教材を比較紹介、カウンセリングするブログです。 他に、大阪や京都など関西圏を中心に、中国語・韓国語を学ぶにあたって有用な情報をお届けします。。

おすすめ中国語・韓国語など言語教材

中国語学習のおすすめ教材はこちら⇒おすすめ中国語教材
韓国語学習のおすすめ教材はこちら⇒現在工事中
その他言語のおすすめ教材はこちら⇒現在工事中
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

世界経済

結局この1~2週間忙しく更新できませんでした。

ところで本当に世界恐慌かと思うような状態ですね。
ダウ平均株価は15000ドル→8000ドル台
日経平均株価は17000円→7600円台(2003年のバブル後最安値とほぼ同値)

ドルは90円を切りそうだし、ユーロは110円を切りそうな勢い。
オーストラリアドルや韓国ウォンなんて一時期の半額です。

これは海外旅行の行き時かも!?なんて言ってる場合じゃなさそうですね。
どこまで円高、株安が続くのでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

更新が遅くなり申し訳ありません。

見にきていただいている方、長い間お待たせしまして申し訳ありませんでした。

自宅のPCを落としてしまい、数日は動いていたのですが完全に起動しなくなり、自宅ではPC無しの生活をしていました。新しいPCを購入しましたので、またこれから更新を続けていきたいと思います。

みなさまよろしくお願い申し上げます。

PageTop

「ハングル」検定公式ガイド 合格トウミ

「ハングル」検定公式ガイド 合格トウミ(ハングル能力検定協会)





 本書はハングル能力検定協会が作成した、ハングル能力検定(ハン検)の公式ガイドです。
ハン検で評価される基準や、出題されうる単語がおさめられています。


長所
1.ハン検を受ける際の基準として用いることができる。
2.各級で扱われる単語が列挙してあり、覚えていない単語を確認できる。

短所
1.あくまで検定のガイドブックなので、これを使って勉強できるわけではない(できるのは単語の確認などのみ)。
2.検定のガイドブックに1800円+税もする。

おすすめ度 ★★★☆☆ 3.0 (5段階中)


使用用途
・ハングル検定を受ける際の基準を知りたい方に。

準2級までの初・中級編と、2級以上の上級編に分かれています。必ず買わなければいけないわけでないので、必要があれば(お金があれば)買いましょう。

PageTop

基本チェック中国語の文法

基本チェック中国語の文法 (語研)



 本書は、「完全マスター中国語(語研)」の姉妹本のようです。著者は違いますのでそこは注意。
内容的には、初級中盤~後半(中級の手前)といったところですが、学習者が間違いやすい文法
項目を重点的にとりあげ、30項目が紹介されています。


長所
1.コンパクトで使いやすい。
2.間違いやすいポイントを絞って紹介してあり、練習問題もついている。
3.文法を一応一通り終えた初級の学習者の自己チェックによい。

短所
1.30項目と限られているため、物足りなさを感じる人もいるかもしれない。
2.「完全マスター中国語」とそっくりな表紙だが、あくまで「基本チェック」にとどめている。

おすすめ度 ★★★*☆ 3.5 (5段階中)


使用用途
・初級中盤~後半(中級に入る前)の文法項目チェックに。

 CDもついていませんし「基本チェック」ということですので、補助的な役割のテキストです。
「必ず買いましょう!」ではないですが、役立つテキストと思います。

PageTop

おすすめ学習書や、本ブログの紹介への感想のお誘い

かなり紹介する本が増えてきましたが、ブログを見てくださっている皆様はどう感じていらっしゃるのでしょうか。また、「紹介されてないけど、こんな本があるよ!」というものがあれば、ぜひ教えていただけるとありがたいです。

これからも紹介する本を増やしていこうとは思いますが、これまでおすすめできる本を中心に紹介してきましたので、これから紹介する本の質の平均が下がることは否めません。
ただ、もちろんこれから新刊も登場してきますし、「おすすめの中国語教材」のように韓国語版なども作っていきたいと思いますので、まだまだ大切な情報を少しずつ伝えていきたいと思います。

ヨーロッパ系言語などに関してはまだほとんど取り上げていませんので、ネタはしばらく尽きることはないでしょう(笑) ただ、本の紹介ばかりでも面白くないですので、なんらかアクセントは入れていきたいと思います。

皆様、ぜひコメントやトラックバックをお願いします。

PageTop

しっかり学ぶ韓国語

しっかり学ぶ韓国語 (ベレ出版)



 本書は、「はじめよう韓国語(語研)」の著者が書いたものです。しかも内容も両方初心者向けです。ですが、「はじめよう韓国語」の方が格段に良書だと考えられます。著者が同じなのですから、後に書いた方が良いのは当然ですね。


長所
1.見開きで文法紹介があったあとにすぐ、見開きで問題が出てくるのでチェックがすぐできる。
2.発音の細かいルールがはじめの方で章立て(課立て?)してある。

短所
1.「まず例文を見てみよう」という感じで例文が多く、本編はいきなりハングルなので難しい感あり。
2.最初の発音の細かいルールが多すぎてつまづいてしまう。
3.内容が単調で、活用もイマイチわかるようにならない(「はじめよう韓国語」のような活用表がない)。

おすすめ度 ★★*☆☆ 2.5 (5段階中)


使用用途
・初級の文法項目の練習、確認に。

 やはり本書を買うよりは、「はじめよう韓国語」を買った方がいいでしょう。発音のルールについてきっちり読んでいくのには使えそうですし、問題数が多いので練習にはなると思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。