FC2ブログ

中国語・韓国語カウンセリング おすすめ教科書・参考書・教材比較

中国語・韓国語など外国語おすすめ教科書、参考書、教材を比較紹介、カウンセリングするブログです。 他に、大阪や京都など関西圏を中心に、中国語・韓国語を学ぶにあたって有用な情報をお届けします。。

おすすめ中国語・韓国語など言語教材

中国語学習のおすすめ教材はこちら⇒おすすめ中国語教材
韓国語学習のおすすめ教材はこちら⇒現在工事中
その他言語のおすすめ教材はこちら⇒現在工事中
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

はじめよう韓国語

はじめよう韓国語(語研)



 最近刊行されたばかりの本です。CDもついており、入門~初級者向けの良書です。
本書の最大の特徴(と思われるの)は、巻末に動詞や形容詞など用言の活用表がついていることです。私は以前、この本が刊行される前に、用言の活用表がおさめられている本こそ必要だと思い、そういう本がないか探したことがありますが、「韓国語用言 活用と用例(三修社)」に載っているのと(この本は少々活用し辛い部分あり)、本書「はじめよう韓国語」と同じ著者のかなり古い本しか見当たりませんでした。

 いくら文法書の中で活用の仕方が説明されているとはいえ、活用は難しく、やはり本書のように個々の単語について載っていることは大事だと思います。

長所
1.文法事項が初級に必要なだけおさめられている。
2.CDもついており、例文も豊富。
3.個々の用言について、活用表が後ろについている。

短所
1.多少、初級では扱わないであろう文法項目もなぜか入っている。
2.例文がひたすら載っているという印象で、韓国語を学ぼう!と意欲が強い人向け。


おすすめ度 ★★★★* 4.5 (5段階中)

使用用途
・韓国語をはじめる際の入門・初級の教科書として。ただし、最初は易しく楽しくじゃないと続かない!という人には、2冊目にしたほうがいいかもしれない。


本書は、かなり入門・初級書の中では良い本だと思います。ただ、例文がひたすら載っているところに飽きがきやすかったり(韓国語では仕方ない面もありますが)、ややとっつきにくい感じもするので0.5だけ下げましたが、「今年から韓国語をはじめるので、さっそく買いたい」という方には本書が一番おすすめです。
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。